【親の金】大学生の男がアクセサリーを身につけるのってどうなの?

何かと槍玉に挙げられてしまう大学生ですが、今回はメンズアクセサリーと大学生のこと。

メンズアクセサリーはかっこいい、お洒落なアイテムですが、それを大学生の男が身につけるのってどうなの?という話です。

結論から言うと、僕は「大学生に似合うのは上品なリングだけ」だと思います。

それではちょっと書いていきますね。

大学生のお洒落は注意が必要

20140514063511.jpg

そもそも大学生というのは、実態がどうであれ世間一般から「親のお金で学びにいかせてもらっている立場」だと思われているのは確かです。

そのため大学生が自由にお金や時間を使って遊んだりしていると、「学費も生活費も払ってもらってるのに、バイトで大事な時間を使って、しかもその金を無駄遣いしてる」なんて白い目で見られてしまうことも少なくありません。

ただ個人的には、お金を使うというのは立派な経験だと思うのです。

例えば何も使わずに大学生で貯金が100万円になっていればそれは勿論良いことですが、美味しいものを食べたり、旅行に行ったり、ちょっと良いものを買ってみたりという経験が今後の人生で役に立つことは少なくありません。

ですので限度はありますが、バイトをしてお金を稼いでそれをお洒落に使うというのはいいことだと思います。

とはいえ、やはり世間一般の風当たりは強いです。

大学生のお洒落は少しだけ注意する必要がありますね。例えばあからさまにお金が掛かっているようなブランド品を身につけないこと。ちょっと背伸びをして2〜3万円の服を買うのは良いですが、古着で買ったプラダやディオールを誇らしげに着たりするのはちょっとよろしくないでしょう。

大学生のメンズアクセサリーはどうなの?

wysiwyg_492b7731479e992234d8

では肝心のアクセサリーは?ということですが、やはりそういうこともあって、大学生のメンズアクセサリーも気をつけた方が良いですね。

特にこれ見よがしなブランド品は、全くおすすめできません。

これは「世間の目が」とか言う話ではなく、大学生にブランド品は似合わないのです。

馬鹿にしているわけではありません。例えばカルティエやブルガリのアクセサリーを買う人はまあいないと思いますが、そういったアクセサリーは社会的に成功している人が、さりげなくパーティで身につけたり、一点服装にマッチングさせて身につけたりするのがお洒落なものなのです。

ジョルジオアルマーニのベルトをかっこ良く身につけられるのは、おそらくタイトなモードブランドのスーツをカジュアルダウンして着こなすときでしょうね。

そういうふうに、ブランド品にはシチュエーションによって似合う似合わないがあるんです。

そして大学生には、そういった高級ブランド品は似合わないのです。

では何が似合うか?

個人的な意見では、上品なデザインで2〜3万円の質のいいシルバー主体のリングが似合うと思います。

sg106_img1

この程度だったらば、一ヶ月のバイト代の一部を使って買うことができるということで「無理をしていない」感じがあり、自然にお洒落に身につけることができます。この自然さって、思った以上に大事なんです。

またセンスの良いシルバーリングを一点しているだけであれば、それほど主張も強くありません。すると何が良いって女子受けが良いのです。さりげなくて見逃してしまいそうだけど、何となく気になる。それくらいが、モテるアクセサリーの鉄則です。

そして、2〜3万円のしっかりとしたアクセサリー専業ブランドのシルバーリングは、品質が良い。

品質を見極めて、見栄やブランドネームに執着せずに本当に良いシルバーリングを選べるのは、大学生のメンズアクセサリーの選び方として一番かっこいいのではないでしょうか?

大学生のお洒落は、さりげなく

とにかく大学生のお洒落で大事なのは、さりげなく自然であることです。

コテコテなお洒落や自己満足なファッション、他人に誇示するようなファッションは絶対に控えましょう。

さりげなく上質なものを選んでみる。ちょっと奮発して、長く使える良い物を買ってみる。

そういう楽しみ方が大切です。

 

 

コメントを残す