【お洒落が決まる】隙のないメンズ 靴下の着こなし・履きこなし方

意外と長さ、柄と種類が多く、また靴下に関してはなぜか誰でもやたら大量に持っていることが多いため、朝起きて服を決めて最後の最後出かける際、靴を履く瞬間に「やっぱこれじゃないわ」と気にかかるのは、間違いなく靴下でしょう、

今回はそんな種類の多いソックスをざっくり分けて大人の着こなしに見合うものを、選んでいきましょう。

① 「ロングソックス(無地)の場合」

c46841c26a936ceebe7894342625c924

最も間違いのない履き方ですね。シンプルイズベスト。なによりボトムスの色と合わさると一体感が増します。そのため、足が長く見えるのもポイントです。

更にオススメは靴とボトムス、ソックスを全て同じ色にしてしまうこと。例えば、グレーのジャケットに白シャツをタックインしてボトムス、ソックス、靴を全て同じ色にしてしまえば腰からかかとまで、脚として判別されるため足長効果が得られます。

あえて着ていないような色を取り入れるのも、ハズしアイテムとしてお洒落です。

② 「ベリーショートソックスの場合」

実は靴下履いているのですよ。しめしめと言わんばかりのコーディネート。

清涼感もありますし、アンクレットなどのアクセサリーを付ける等、更にコーディネートの幅も大きく広がると思います。こういったベリーショートの靴下は、パンツの丈や靴の種類を一切問わず、履けるので便利ですね。ただくるぶしなどの靴擦れのリスクも高まるので、そういった点を気にかけつつ靴を選ぶ必要があります。ローファーやスリッポンでもお洒落なこと間違いなしですね。

③ 「ロングソックス(柄物)の場合」

シンプルな明るめのネイビースーツなどのコーディネートにもアクセントとして印象強いソックスの組み合わせは良いと思います。

さりげなくブラウンの系統である黄色やボトムスからネイビーと合わせるなど、色を拾っていることでインパクトの強さを補っていますね。こうなればベルトは間違いなくブラウン系統に間違いないでしょう。

また定番であるVANSのスリッポン、ローファーなどにおいて足の見えやすい靴にも大変相性が良いです。印象の強い大柄のソックスや、色のはっきりしたソックスは難易度が高いですが、ニッチな視点なため、その分お洒落さが周りと比べグッと洗練されたものになるでしょう。

④ 「ショートソックス(無地)の場合」

なんとも微妙ですが、やはり子どもっぽさと若干の野暮な感じが出てしまいますね。

アンクレットのアクセサリーをこの上に着けてもあまりお洒落とは言えないでしょう。例え色を明るめにしても、暗めになってもあまり高い期待値は持てないでしょう。

またこういったちょっと見えてしまったような靴下でよりヒドいのは、ケバケバボロボロのソックスをいつまでも履き続けていること。モノを長く愛用するのは良いですが、消費の激しいソックスは、穴が開いてしまうよりも先に次世代に入れ替えた方が、自分自身も清潔で安心できます。

④「ショートソックス(柄)の場合」

・・・・・・・・・・。

ショート丈の柄物ソックスはレディースだけに許された聖域だったことがよくわかりますね。

ブリキの兵隊を思い出します。子どもっぽさ全開のコーディネートなら良いのですが、大人の着こなしであるならば、是非ともこういった少し派手目なソックスは足とパンツの隙間を無くすような長めのソックスを購入して、ワントーンなどのジャケパンコーディネートのアクセントとして使いたいものです。

もしくはこの長さのソックスは2~3年ほど前からトレンドのスポーツサンダル「teva(テバ)」や「chaco(チャコ)」などのカジュアルな服装と合わせると良いと思います。

いかがだったでしょうか!

服装がトレンドに凝り固まってしまう今、靴下でコーディネートを変えてみては?

コメントを残す