40代男性が身につけるべきメンズアクセサリー(指輪)はこれだ

男のアクセサリーって、難しいですよね。

ちょっとでもセンスの良くないものを身につけるとすぐに「悪趣味」「キモい」と言われてしまいますし、女の子にはドン引きされてしまいます。

ですが、ばしっと決まったアクセサリーをさりげなく身につけることができたら、それはとてもお洒落です。特に40代の男性がシルバーのアクセサリーを上品に付けていると、女の子もその大人っぽさや色気にキュンとすると言われていますね。

それでは、どんなアクセサリーを選べば良いのか?

今回はそんなことについて書いていきます。

40代には気品あるリングをさりげなく

cavalieri-image

まず40代の男がアクセサリーを身につけるときに考えなければならないのは、どれだけ品良く保ち、どれだけさりげなく身につけることができるかです。

品の良さはやはりアイテム選び。品の良いデザインのもの、上品なデザインのものを選べば良いので、そこまで難しくはないでしょう。

むしろ難しいのはさりげなさです。

これ見よがしではなく、さりげなく。あたかも生まれたときから身につけているかのような無意識を装ってアクセサリーを身につけること。

これが一番大切なんですね。

そう考えていくと、アクセサリーの中でもおすすめしたいのはリングです。

もちろんブレスレットやネックレスも駄目ではないのですが、やっぱり気取った感じもなく、さりげなく「自分が好きだから」付けているという雰囲気が出せるのはリングなんですよね。

全く何も言わずに、さりげなく付けているリング。ちょっと綺麗目にコーディネートした着こなしの中にシルバーの輝きが一点だけ入れば、これほどお洒落なものはありません。

40代のリング(指輪)の選び方は?

df-cavalieri

では40代の指輪、リングはどのように選べば良いのか?これについては、先ほど少し書いたように、やっぱり上品さを最重視すべきだと思うんです。

リングは本来ならば付けなくても良いアイテムですが、そこにアクセントを足すために身につけますよね。すると、過剰だとすぐに悪目立ちしてしまいます。

リングは上品なものを選ぶこと。

上品なリングというのは具体的にどういうものかと言うと、モチーフがお洒落なもの、それから幅や全体のボリュームが大きすぎないものですね。

そういう点を考えていくと、実は40代のメンズにおすすめしたいブランドはかなり限られていきます。

例えばハイブランドのリング。カルティエやエルメスのメンズ向けのリングは、ともするとちょっと嫌みな感じもありますし、20万円近くするものばかりですが、まあ時計の代わりと思える人にはおすすめですね。

ですが一番のおすすめは、先ほどから写真を借りている、カヴァリエリという指輪のブランドです。

40代に似合うリング、CAVALIERI カヴァリエリ

Web

このカヴァリエリというブランドは、今イタリア・ファッション好きなどお洒落な人たちの間でちょっとしたブームになっているブランドです。

これまでシルバーのリングを専業とするブランドと言えば、クロムハーツのようにゴツいデザインでスカルやクロスなどをモチーフとしたアメリカのブランドが多かったんですよね。

こういうイカツイ感じのブランドは残念ながら現在のファッションには合わせにくく、最近はメンズ向けシルバーアクセサリーのブランドが不在の状態でした。

しかしカヴァリエリはイタリアをモチーフにしたブランド。古代ローマの歴史やイタリアの世界遺産、個性豊かなイタリアの諸都市などをデザインしており、これが見ての通り大変お洒落なんです。

cavalieri-banner

これまでのありがちなフェザーなどのデザインではなく、ローマ古典建築のパンテオンやヴェネツィアのドゥカーレ宮殿などをモチーフとしているのが、知的な雰囲気で素晴らしいです。

幅もそれほど広くなく、全体的には華奢なのも好印象。特に女の子からすると、このくらいのサイズ間のリングには一番キュンキュンするらしいです。これは女の子といっても、24歳の女性に聞きましたが。。

カヴァリエリのデザインは今のところ4種類にしぼられており、それぞれがテーマと物語を持っているんですよね。それがまた所有している喜びになります。

ちなみに僕はこのカヴァリエリのパンテオンというリングを持っていますが、この間一緒に飲みに行った21歳の女の子も、このリングは気になったみたいで「どこの?」と聞いてきました。

pantheon-ring

そういうときに「イタリアのローマをモチーフにしてるんだよ」と言えるのも、カヴァリエリの魅力。

大人の色気と上品さ、エレガントさなどを一挙に具現化した、個人的には最もおすすめのブランドです。

CAVALIERI カヴァリエリ 公式サイト

http://cavalieri.jp

 

 

コメントを残す