【バッグ・ベルト・小物】Orobianco オロビアンコの品質や評判は?

orobianco-01

オロビアンコとは?

数年前Orobianco (オロビアンコ)のナイロンバックが大流行しました。

同イタリアバックブランドではFelisi(フェリージ)とよく比較されることの多いオロビアンコですが、安価という言葉に非常に敏感な昨今、リーズナブルでイタリアらしさを感じられるお洒落なバックとして、現段階ではオロビアンコに票が上がるかというところです。

そのため学生から若い社会人を中心に、日本では大きな流行となりました。

現在でも、百貨店、丸井などのファッションビル、「nano universe(ナノユニバース)」等のセレクトショップでのバックなどの商品が取り扱われています。

近い時期で大きく話題となったイタリアのブランドは「IL BISONTE(イルビゾンテ)」ですが、こちらはどちらかというとより革のイメージがより強く小物製品の販売が盛んです。

オロビアンコは歴史あるブランドではなかった!?

13398561_985407798246404_1269144836_n

そんなオロビアンコはなんと1996年開業と比較的若いブランド。

イタリアミラノ近郊のガララーテにて「ジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニ」と「エリサ・ロヴァティ」の2人によって設立されました。

ジャコモ氏は長年、ヨーロッパの高級革製品の職人として腕を磨き、多くの海外マーケティング経験等から、デザイナーとしての実力もまた身につけていきました。

オロビアンコのマークとして、ブランドネームが入ったイタリアンカラーのリボン。

そして、ロゴの中心には動物(*某有名キャラクター「チ○リータ」ではありません)が刻まれています。これはカシミヤヤギを表しています。

なおオロビアンコの意味は「黄金、貴重なるもの」という意味。

つまり普通のヤギと比較して10倍以上の希少価値のある貴重なカシミヤヤギをイメージとして指していることがわかりますね。

オロビアンコは品質重視、そしてMADE IN ITALYbnr16-0422ec

その魅力はなんといってもその品質。

現在MADE IN ITALY協会(会員約34000人)の会長を務めるジャコモ氏による、MADE IN ITALYのこだわりは強く、厳選された上質な革や生地を生かし、伝統のクラフトマンシップ(職人魂)に現代の技術を融合させたモノ作りは世界中から、評価されることとなりました。

PT01、INCOTEXなどイタリアのブランドとして人気なブランドは殆どルーマニア製ですから、この価格のバッグでMADE IN ITALYなのはすごいですよね。

もちろんそのこだわりは革だけではありません。

バッグの大部分で用いられるナイロンにおいても、リモンタナイロンと呼ばれる高級ブランドバッグに使われる素材であり、傷がつきやすいというナイロンの弱点を補う耐久性の高さが特徴です。

現在ではヨーロッパを始め、日本、香港、ロシアなど世界中に販売拠点が広がっているようです。

オロビアンコはバッグだけではない!

20orobianco_top

そのため、オロビアンコを代表するボディバックやベルト、財布などの革小物だけではなく、イタリア製の上質な革ベルトを用いた時計や、アパレル商品として、ポロシャツやTシャツストール、イヤーマフやサンダルなどの販売商品の幅を広げています。

中でも、オススメはやはりイタリア製の上質な革を用いたベルトや財布です。

まずオロビアンコのベルトは3種類に分かれ、シンプルなデザインのスムースレザーベルト、カジュアルながら上品さを持つメッシュベルト、カモフラ(迷彩)柄や、トリコロールなど少し可愛らしいデザインを持つキャンバスベルトになっています。

最初のスムースレザーベルトはオロビアンコの上質な革を過度な加工をせずに最も革らしい形として、使っているシンプルなベルト。

安っぽいベルトは使いたくないなぁと思いつつもブランド物は…と思う方にとってはビジネスにも大変おすすめです。

ちなみにカラーとしては珍しくブルーがあるので、ブルーの革靴と合わせる上質なベルトを探している方にもオススメです。

メッシュベルトやキャンバスベルトもカジュアルな印象が強いため、どうしてもエレガンスさを表現するのは難しいところですが、オロビアンコのコンセプトである「美しく知的なデザイン」はベルトにも表現されており、細部まで自社製品のみを用いて、セミハンドメイドで仕上げるベルトはカジュアルといえどやはり上品な印象を与えます。

コメントを残す