【メンズアクセサリー】他とは違うJustin Davis ジャスティンデイビスの魅力

justin-davis

個性派ブランド、ジャスティンデイビスの物語

Justin Davis(ジャスティンデイビス)は2001年にニューヨークのデザイナーであるジャスティン・デイビス氏によって設立されたアクセサリーブランド。

青春時代をニューヨークに位置する名門私立大学パーソンズ大学(Persons The New School for Design)で過ごします。

その中で、独創的かつ個性的なデザインで女性を虜にするファッションデザイナー、「Anna Sui(アナスイ)」と世界中のセレブから今なお愛されるブランドのデザイナー「Marc Jacobs(マーク・ジェイコブス)」と共に過ごします。

彼らとの生活はジャスティンデイビスのデザインに大きな影響を与えたそうです。

更にポップアートの立役者ともいわれる存在であるアンディ・ウォーホールのファクトリーの経験のもと、ファッション業界で活躍し、その後同じく一流シルバーアクセサリーブランドである「ライオンハート」、「ロイヤルオーダー」のデザイナー経験を経て、確かな実力を付けたジャスティン氏。こうして満を持して2001年に自身の名前を使った「Justin Davis(ジャスティンデイビス」をNYの地でスタートしました。

クロムハーツとも違う!ジャスティンデイビスの特徴とは?

そんなジャスティンデイビスの商品デザインの特徴は一言でいえば「ゴージャス!!」

米国を代表するシルバーアクセサリーブランドであるChrome Hearts(クロムハーツ)やBill Wall Leather(ビルウォールレザー)は、やはり愛車のハーレーに跨り、爆音をかき鳴らす武骨な男たちによって作られたアクセサリーですから、どこかアクセサリーから豪快さと強い男を連想させましたが、こちらはどちらからといえば、よりエレガンスでアーティスティックな印象を受けます。

今まで見たシルバーアクセサリーがシンプルかと思ってしまうほど、良い意味でゴチャゴチャしているのです。正に各国のセレブリティが愛したブランドであるというイメージと合致するでしょう。

そのため、強くそしてエレガントな女性のプレゼントとしてもいいかもしれません。

チョーカーやハートなど見慣れた一般的なデザインにおいても、なんとなく一歩踏み込んだような、更なる数工程を遂げたようなそんな独創性を感じるデザインが特徴的です。

知っておきたいジャスティンデイビスの名作アクセサリー

そういったデザインの中でも、一際目を引くのは、ジャスティンデイビスを代表するデザイン「クラウン」です。

20131203171908_img1_95

細部にいたるまで完璧かつ芸術的なクラウンのデザインには圧巻。アクセサリーを通して王の風格が伝わってくるようです。

また今トレンドの「STAR WARS」とのコラボ商品。この2つのビッグネーム同士のコラボアイテムも注目です。

一般的なスターウォーズのコラボ商品でしたら、例えばデフォルメしてポップなデザインしてみたり、オリジナルデザインの中にキャラクターの顔を入れてみる等の想像をしますが、ジャスティンデイビスはなんと驚き

justin-davis-star-wars-necklace-04

ご覧の通りサイズを除き再現率100%のダースベイダーが首からぶら下がるわけです(笑)

なおダースベイダーで用いられるシルバー925と呼ばれる素材は別名「スターリング(価値のある、本物の)シルバー」とも称され、銀の含有率を示し、銀が92.5%含まれていることを表します。この数値は純銀として扱われるようです。なお銀100%では強度に問題があるため、別の銅などの金属を複合させるようです。

ちなみに銀の重さは水1リットルと同じ体積で比較して重さと比べると10.53倍らしいです。結構このネックレスが重いことがわかりますね(笑)

Darth_V_Pave_1_600

リングに至ってもこの技術力の高さには感服します。これに見慣れてしまった頃には、他のブランドのコラボ商品には目も当てられないことでしょう。

ここまでご紹介したとおり、とにかくゴージャスで派手なデザインを中心に、他のシルバーアクセサリーブランドと一線を引くジャスティンデイビス。アメカジファッションに、更なるアクセントとしてジャラジャラさせるのもよし、白と黒を中心としたモードなファッションにアクセントとして、派手なアクセサリーを一点加えることで、コーディネートの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す