【小物・ベルト】HERMES エルメスのアクセサリーってどうなの?

hermes

HERMES エルメスの長く華やかな歴史

1837年、初代「ティエリ・エルメス」がパリのマドレーヌ地区のバス・デュ・ランパール通りに高級馬具工房を開いたことから、現在に渡るHERMES (エルメス)5代170年の歴史は始まりました。

その馬具はナポレオン3世やロシア皇帝など、社会的影響力のある顧客層にも愛用されたことにより、発展を遂げます。

中でも3代目の「エミール・モーリス・エルメス」は経営者としての優れた洞察力によって、主要な乗り物が馬車から自動車に代わることを予期しました。

そのため2代目である「シャルル・エミール・エルメス」が工房を受け継いだ際に、鞍の製造、卸、そして小売りを始めたことを更に発展させ、女性用の財布やバッグの製造を開始します。

この転換期こそが現代のエルメスの基礎になったわけですね。

ちなみにエルメスで最も有名なバッグ、「バーキン」の原型モデルと言われる「サック・オータクロワ」は、2代目「シャルル・エミール・エルメス」が馬鞍を収納するために作られたと言われています。

馬具工房であった名残は現在でも残り、エルメスのロゴの「HERMES」と書かれた文字の上には、4輪馬車と猛々しい立派な馬、そして従者が刻まれています。

エルメスの馬車の主人は「お客様自身」

Hermes-logo

この4輪馬車のことを「デュック」、従者のことは「タイガー」と呼ばれ「デュックとタイガー」と、エルメスのロゴとして親しまれていますが、主人の絵はありません。

なぜなら主人は所有者自身を指しているからです。これには「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを卸すのはお客様ご自身です。」といったエルメスのお客様を大事にするといったメッセージが込められています。

エルメス商品の最高品質のアイテムを身に着け、普段行き慣れないようなところへ、ある意味連れて行ってもらうといった気持ちで身に着けることも良いのかもしれませんね。

今やハイブランドはルイヴィトンやコーチなど様々なブランドがありますが、その更にランクアップした所に位置する、全女性の憧れのブランドとしてエルメスのアイテムはもちろんメンズアクセサリーも豊富です。

エルメスは女性の憧れのブランドだから、女性ウケ抜群

hermes belt

もちろんそれは高級馬具屋、そして革製品のブランドとして長年の歴史を刻んできたエルメスだからこそ、品質も最上級を保ち続けています。

つまり品質も良く、女性の憧れのブランドを着用する男性は間違いなくモテるといっていいでしょう。最上級の品質と女性の憧れという両側面を兼ね備えたエルメスのアクセサリーはこの上ない「モテアイテム」なのです。

エルメスのメンズアクセサリーとして最も有名なのは「コンスタンス」と呼ばれるエルメスの頭文字である「H」が刻まれたデザインのベルトでしょう。

ベルトのバックルには、スイスの高級時計に見られる「ギョーシェ彫り」と呼ばれる職人により繊細な装飾が行われています。このアイテムはメンズファッションのカリスマである「FORZA STYLE(フォルツァスタイル)」編集長「干場義雅」氏等が愛用していますね。

セクシーで色気のある40代の方にピッタリです。

エルメスのブレスレットもおすすめ

hermes-orange-bracelet-front

また「ジャンボブレスレット」と呼ばれるブレスレットも大変人気商品です。レザーと控えめなシルバーの金具はなんとなくエルメスのルーツである「馬具」を連想しますね。

エルメスのルーツを知った上で、身に着けることで、よりアイテムへの愛着が湧くことは間違いありません。

なお現在エルメスを象徴させ、心を躍らせる「オレンジボックス」と呼ばれるエルメスの印象的な包装は、元々オレンジではなく薄いベージュだったそうです。

なぜオレンジに切り替わったかというと、第二次世界大戦中に資材不足のため、十分な資材が用意できなかったからです。そのため仕方なく余っていた包装紙を使用していたところ、それが戦後も好評だったことから、「オレンジボックス」は現在のエルメスを象徴する包装になったそうです。

コメントを残す