【メンズアクセサリー】CRAZY PIG クレイジーピッグの特徴と歴史は?

crazypig

クレイジーピッグがスカルの王様と呼ばれるまで

シルバーアクセサリー界でスカルモチーフの王様、「King of Skull」の異名を持つこのブランド。それこそが「CRAZY PIG(クレイジーピッグ」です。

創業者であるフランス生まれの「アーマンド・セラ」には、アーティストというもう一つの顔も持っていました。若干16歳にして天才ギタリストと称された彼は、プロのギタリストを目指し20歳で渡英します。

バンド活動を続け、プロのギタリストを目指す傍ら、イギリスにあるシルバーアクセサリーショップ「グレート・フロッグ」でアルバイトをしていたある日、お客さんに頼まれ、見よう見まねでスカルのアクセサリーを手作りすることとなります。それが後の「CRAZY PIG」の始まりとなります。

なんとそのスカルのアクセサリーが一躍有名となったのです。

元々絵を描くことも好きだったアーマンドは、ジュエリーに関しての専門知識はなかったものの、自身が持つ絵描きの際に音楽の情熱を掛け合わせたことで、後に「芸術的でロックなジュエリー」と評価されました。毎晩店を閉めた後も、様々なモチーフのデザインを続け、それらは100を超えたといいます。それらが評価され、次々と彼がデザインしたものがショップに並ぶことになりました。

この事をきっかけに、1992年、イギリスにて「CRAZY PIG」をオープンします。

クレイジーピッグの人気アイテムとは?

現在、クレイジーピッグ=スカルというイメージを持ってしまうほど、スカルモチーフのアイテムがとても人気です。ギターを弾いているスカルや、ドクロが8つ並んだリングなど、遊び心溢れるバリエーションが多く展開しているスカルモチーフのシルバーアクセサリーが多いです。

同じくシルバーアクセサリーブランドでスカルモチーフが多いのは日本生まれの「F.A.L」などがありますが、「F.A.L」はスカルの表情で遊ぶといったデザインが多いのに対し、クレイジーピッグはスカルの全身を使ってみたり、手足を生やしてみたりと全体で遊ぶデザインの多い印象があります。

しかし、もちろんスカルデザインだけではありません。

映画「V・フォー・ヴェンデッタ」の主人公が付けていたような不気味なヴェンデッタマスクをモチーフにしたリングや、般若、ファラオなどのマスクをモチーフにした、ユニークなデザインのものから、飼っている猫をそのまま反映させたようなキャットモチーフ、重厚なボクサードッグのモチーフなど他にはないユニークなデザインも豊富です。

更にキャットアイデザインをモチーフにブルー、レッド、イエロー等のいわゆる猫目のデザインは眺めていると、水中に引き込まれてしまうような不思議な感覚を得るリングはかなりインパクトが強いです。

クレイジーピッグはミュージシャンにも評価される

デザイナーの意志をダイレクトに表現したデザインは、やはりロックミュージシャンに人気があるのも納得です。

中でも、クレイジーピッグの代表作となったのは、かのローリング・ストーンズのキースリチャーズが愛用したことで知られる「キースリング」。

スカルの上顎までを描いたシンプルなモチーフですが、使う人を選ばない王道なイメージです。

やはり初めて入った蕎麦屋では「せいろ」から注文するように、クレイジーピッグではシンプルな「スカル」を注文することをおすすめします。

現在は、ロンドンの工場にて製作を続けており、世界を代表するスターから、シルバーアクセサリー好きの一般人まで非常に人気のある現在でさえも、大量生産の手軽さに屈することなく、手間のかかるオールハンドメイドにて製作されています。

そのためクレイジーリングのアイテムの在庫は非常に限られており、気に入った!と思うものがあり、購入検討の際はお気に入りボタンを押すのではなく、そのまま決済まで済ましてしまった方が良いかと思われます。

コメントを残す