【アクセサリーブランド】BILL WALL LEATHER ビルウォールレザーの特徴

img61404293

不運から躍進へ。ビルウォールレザーの歴史

BILL WALL LEATHER ビルウォールレザー は1985年にカリフォルニアのマリブで立ち上げられた老舗シルバーアクセサリーブランドです。

ちなみにシルバーアクセサリーの重鎮と言えばChrome hearts(クロムハーツ)を思い浮かべますが、実はクロムハーツ開業よりも僅かですが歴史の長いブランドです。

またUNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」はクロムハーツの正規代理店として長い関わりがありますが、それに対抗するがごとく、ビルウォールレザーはセレクトショップの王者「BEAMS(ビームス)」との取扱い、コラボも長きに渡り続けています。

デザイナーである「ビルウォール」こと「ウィリアム・クレイグ・ウォール」は1965年にカリフォルニア州マリブで生まれました。20歳のときに不運にもバイク事故に遭いますが、そのとき破損したライダースブルゾンを自らのガレージで修復、カスタマイズしたことをきっかけに自らのブランドを立ち上げます。

当時はまだ珍しかったフロッグレザー(カエルの革)やスティングレザー(エイの革)とともにシルバーをブルゾンのボタンや補強に用いて、レザーアイテムを作り出した「アートワークス」と呼ばれ、瞬く間にマリブのバイカーの話題となりました。

その後、バイカーアイテムとして、アクセサリーや、ウォレットチェーンをリリースすることで、シルバーアクセサリーショップとしても躍進を遂げています。

後のシルバーアクセサリーブームもあり、マリブのバイカーだけには収まらず、アメリカのミュージシャンを中心としたセレブが足しげく、アトリエに通うようになり、各地で根強いファンを得ます。

BILL WALL LEATHER ビルウォールレザーの特徴

bill wall leather

そんなビルウォールレザーの製品の特徴といえば、シルバーアクセサリー界の最後の巨匠と言われているデザイナーの「ビル」の深いこだわりです。

現在、シルバーアクセサリーの最も一般的な製作方法は型を作る際、ワックス(ロウ)を溶かすことで原型のいわゆる「型」を作るという「ロストワックス製法」が主流ですが、なんとビルウォールレザーは直接金属を加工することで、シルバーアクセサリーを製作しています。

世界的に見てもこういった技術を持ったシルバーアクセサリー職人は少なくとても高い評価を受けています。

またビルのこだわりは創立時より、自社のアトリエにて少数の精鋭である職人とともに、ビルの厳しい品質管理の末、製作されているということ。

用途ごとに異なる素材、調合、度重なる工程によって製作されているため、正に最高のクオリティーを今なお求め続けています。

BILL WALL LEATHER ビルウォールレザーのモチーフ

promobox_3

そんなビルウォールレザーのアイテムはカリフォルニア・マリブで製作されているため、ビルが愛したマリブをモチーフに、クジラの尻尾のデザインなど海からインスピレーションを得ることで、海にまつわるデザインが多かったようですが、現在では不動の人気を誇るスカル、を中心としたゴシックなアイテムが多いようです。

また上記にある通りビームスとのコラボでは、ご存じ「Disney(ディズニー)」とのコラボにより、リングやキーチェーンが短編映画である「ラナウェイブレイン」のミッキーの表情となっているなど、多数のバリエーションをラインナップしとても話題となりました。

それだけではなく、職人の下で丁寧に作られるアクセサリーは一つ一つ表情が微妙に異なるところも、魅力であると言えましょう。

ビルは、宝飾の勉強をしたわけではありません。またどこか他のデザイナーで修行を重ねてわけでもありません。

しかしながらシルバーアクセサリーに捧ぐ、情熱と想いは誰よりも長く深い歴史と実績を積み重ねていること、その情熱やビルのひたむきな心が商品に反映されることで、今なお魅力溢れるブランドなのでしょう。

コメントを残す