【メンズ】リア充の俺がアクセサリーのモテる選び方を説明していく

すみません、タイトルは冗談です。ごめんなさい。ちゃんと書きます。笑

春の眠たくなるような、ポカポカした陽気がやってきました。みなさん夏の服はどうされていますか。

なんともシャツとジーンズだけでは、物寂しいような気がしますね。かといってなにか足すには暑いし・・・そう思った時に活躍するのがアクセサリーです!

今回はそういったアクセサリーを選ぶ中で、気をつけるべきことを紹介します。

① お金をかけすぎないこと

silver accessory

先ず重要なのはこれですね。アクセサリー類はあくまで料理の香辛料であり、スパイスなのです。せっかく究極のカレーを作ろうと、現地から取り寄せたオーガニックなコリアンダーや、レッドペッパーであっても、そのメインがコンビニで買ったカレールーでは少し物足りなくなるものです。服装を引き立たせる最大のアイテムがアクセサリーでなければならないのです。

トータルコーディネートの料金がアクセサリーの料金を越えないように心がけましょう。かといって安すぎてはいけません。売店やジーンズショップにあるようなアイテムは卒業し、餅は餅屋、アクセサリーはアクセサリー屋で購入するのをお勧めします。しかしながらセレクトショップはそれなりにリーズナブルで、トレンドのアクセサリーを揃えていることが多いです。

特にユナイテッドアローズの系列店である「beauty&youth(ビューティー&ユース)」やBEAMS(ビームス)などはアクセサリーの類のアイテムが豊富に取り揃えられています。最初のアクセサリーとしては良いと思いますので、そういったところで買ってから、徐々にグレードアップさせていくという手もあるかもしれません。もちろん安い服と高いアクセサリー、安いアクセサリーと高い服を共生させてはいけません。アップグレードして要らなくなったアクセサリーはサッサと友達にあげましょう。好感度も上がって一石二鳥です。

② 数珠やビーズ、パワーストーンのブレスレットは避けるべき!

1.0x0

たまに昔、先生でいましたよね。木製の数珠のブレスレットしている人。もしくはタイガーアイや、ヘマタイトなどのパワーストーンなど昔はかなり流行しましたが、大人の男性のファッションとしては相応しくありません。なんせ色が多すぎるということで一体感が乱れるという点や、カジュアルすぎてしまう、子どもっぽさや、女性っぽさが強くなってしまうからです。エスニックなファッションの女性には似合いますが、どうにも男性のアイテムとしてはエレガンスに欠ける点があります。ご利益は上がるかもしれませんが、ファッション的には下がってしまいますので、そういったパワーストーンは、お財布の中に忍ばせましょう。どうしても木製のものがないとしんでしまうという方は、スタンリーゲスのウッドラインをお勧めします

③ 女性ウケを気にするべきか

Beautiful-Girl-Face-Pictures_beautiful-girl

これはこれからアクセサリーを好きになる人にとっても、今好きな人にとっても永遠のテーマですね。女性は基本アクセサリーを身に着ける男性を嫌います。これは残念ながら間違いないです。

その中で最も女性ウケの悪いアイテムが、クロス・スカルなどのゴシックなアイテムとゴールド、シルバーの極太アクセサリーですね。当時全くファッションに関心がなかったとき、ネックレスってクロスしか持ってないとかありましたよね。

アルバイト先の副店長(キリシタン)にあなたもキリシタンなの?って真顔で聞かれたことがあります。安易にクロスを付けるのはやめようと思いました(笑)

つまるところ、年齢が増していくにつれ、こういうおじさんどうなのと言われ、若い人には見合ってないと言われる非常に肩身の狭いアイテムです。それでも選ぶのであれば、チョーカー、スカルなどはより小ぶりで、安物でない上品なアクセサリーを身に着けることをお勧めします。

コメントを残す