男のアクセサリーがダサい、モテないと言われる理由

wooden-bracelets-men-rings-style-men-blog1

アクセサリーを男がするのはダサい?

世の中にはアクセサリーを男がしているのはダサい、という風潮がありますよね。痛々しいとか、そういう言われ方をしてしまうこともありますね。ですが、果たして本当にダサいのでしょうか。

実はアクセサリーを付けるのがダサい、問題ではないのです。

「ダサいのにアクセサリーを付けていること」

が、一番の問題なんです。

例えば見るからに色白で筋肉もなくて身体はだらしなく、髪の毛は長過ぎて不潔な感じなのにアクセサリーをしていたら、「なんでこんな男がよりにもよって、アクセサリーなんか付けているの?」という感想になるのはよく分かりますよね。

ですが逆に、身体を鍛えているような男性や、活発で友達もたくさんいるようなアクティブな男性が、少し日焼けした手にさりげなく上品なリングをしていたら、女性はそこにキュンとなるものなんです。

つまり繰り返しになりますが、アクセサリーを男がするのは決してダサくないのです。

ダサい男がアクセサリーを付けているのが、最も痛々しくダサいうえ、意外にダサい男がアクセサリーを付けたがる傾向があるために、男のアクセサリーに否定的な意見が多いのです。

男はまずアクセサリーよりもファッションをかっこよく

men-scarves-inspiration-19-stylish-fall-looks-to-recreate-1

もしあなたが男でアクセサリーをかっこよく身につけている男に憧れているのであれば、まずはアクセサリー以外の部分を磨きましょう。

例えばファッション。

きている服がユニクロのだぼだぼのシャツで、しかもそれが季節外れなネルシャツ、裾もしっかり直していないGパンだったら、アクセサリーを身につけるだけ痛さが増すだけだけです。

ではどんな服装にすれば良いか?

もちろんいかにもな感じで、アメカジで男らしい服装に決めるのも良いですが……。ちょっと、今の女の子達にとっては男臭過ぎます。ムサいってことですね。

アクセサリーは意外と、スーツやジャケットをかっこ良く着こなせている人によく似合います。

イメージで言うのであれば、レオンという雑誌のような感じですね。大人っぽいジャケットをちょっとカジュアルに着こなして、そこにリングやブレスをワンポイントでプラス。

シンプルで大人っぽいスタイルにワンポイントのアクセサリー、これってかなり、かっこいいです。

男はアクセサリーに気を取られるとファッションのことがおざなりになりがち。

まずはファッションをかっこよくすることから始めましょう。

男がアクセサリーをするなら他をスマートにpitti-uomo-mens-street-style-men-in-suits-street-style-1024x683

その他にも、男がアクセサリーをするときには是非守りたい注意があります。それは、アクセサリーをするときには他をスマートにするということです。

だって、ちょっとギラっとした感じのシルバーのリングをしていて、さらに靴がレザーの編み込みのブーツだったら、なんかちょっとやり過ぎな雰囲気ですよね。

それはいけません。ダサくはないかもしれませんが、きっとモテません。

例えばリングやブレスレットをしてかっこ良く決めたいなら、靴はスマートな雰囲気の革靴やシンプルなスニーカーにするなど。

他にもベルトを派手目にするならば、それが目立ちすぎないコーディネートにしたり、財布にこだわっているなら、同色の地味目なベルトをしてみるというのも良いですね。

そうやってバランスを取ることで、全体が洗練されて見えますし、逆に自分が気に入っているアクセサリーの存在を際立たせる効果もありますよ。

男のアクセサリーは清潔感が大事

男がアクセサリーをするなら、清潔感が一番大事です。

いくらかっこいいリングをしていても、その手が何となく汚い感じだったら、女の子も幻滅です。逆にいつも家から出ていなそうな貧弱で青白い肌も、むしろ清潔感がないでしょう。

アクセサリーをするときにはしっかりとお風呂に入って、身体も血行よく清潔な感じになるようにしましょう。体臭や汗のケアもしっかりとしておくと良いですね。

まらアクセサリーをするときには、着ている服は綺麗に洗濯した、よれたり着古したりしていない服にしましょう。

穴のあいたダメージジーンズがかっこいいと思う人もいますが、女の子にとっては絶対NGなアイテムです。デニムを履くならリジットがおすすめ。それよりもさらに、白パンやチノパンが良いですよ。

おすすめは白シャツ。白シャツとシルバーアクセサリーの組み合わせは、女の子がキュンとする最高のマッチングです。

コメントを残す