【脱・イタい男】女の子にモテる!アクセサリーのお洒落な身につけ方

モテるアクセサリーは上品かつさりげない物、アイテムの美しさを感じるもの、というのが基本という話をしました。良質なアクセサリーをどうコーディネートするのか、今回はそういった着こなしについて話を進めていきたいと思います。

① 男は黙って一点アイテム

HTB1_f7cJXXXXXcWXFXX760XFXXXO

これが人気のクロムハーツか、ふむふむ!と全指にシルバーリングを付けてしまうのはまぁあり得ないことですが、例えどんなモテアイテムだったとしても、やりすぎは厳禁です。

ネックレスにブレスレットにリングなんていったら、どんなファッションであってもクドいのです。

男のファッションは引き算を心がけましょう。

ズバリ!アクセサリーは1回につき1つだけ!!

そうなると少し寂しい気もしますね。最強の剣には盾も欲しいところです。

ファッションにおいて盾となり、唯一アクセサリーという剣に加え、共に戦うことが許されるアイテムはそう!時計ですね。

時計とアクセサリーのコンビネーションでコーディネートを決めましょう。

特に時計の茶色の革のベルトと、ゴールドのアクセサリーというエレガントな組み合わせ、時計の黒のベルトと、シルバーのアクセサリーの紳士的な男を漂わせる組み合わせは、非常に相性が良いです。

ベルトのバックルや、時計のベルトがステンレスだったときの、色の相性も合わせられればより良いです。

利き手が右手ならば、右手首にブレスレットをはめ、左手に時計をしましょう。

これで最強の防具(洋服)に最強の剣(アクセサリー)と盾(時計)が揃ったため、自信を持って、女性と冒険に出られるわけです。

もし、ネックレスをするのであれば、時計だけで十分でしょう。男のやり過ぎは厳禁、引き算を心がけましょう。

ちなみにネイビーやベージュのスーツを着用して、右手にバングル、左手に時計という組み合わせは誰しもが挑戦できる、王道なメンズアクセサリーの着こなしです。

さりげないアクセサリーに必ず女性は目が行くこと間違いなしです。見られていると思ったら、しめしめと心の中だけ二ヤつきましょう。ちなみについつい何も言われないばかりに腕を見せようとすると一瞬で下心がバレます(笑)付けていることを忘れるくらいのモチベーションで行きましょう。

② それでも厳ついシルバーアクセサリーを付けたい。

img_531634_4412375_0

厳ついシルバーアクセサリーはなんとも女性相手には肩身の狭いものですが、男友達と酒を交わすときは、一層男らしさを高めてくれるような極太シルバーアクセサリー、女性と出かけるときは紳士的かつエレガントなブレスレット。そういった対照的なアイテムを組み分けて、使いこなせる人ほどお洒落な人はそうなかなかいないでしょう。

しかしながらどうしてもゴツゴツした男らしいシルバーアクセサリーを身に着けて、モテたいという場合であれば、すごくクラシックで、紳士的な服装をしたときに良いかもしれません。例えばネイビーやグレーのシンプルなスーツを着た時のアクセントとして身に着けることや、紺のダブルブレステッドのジャケットに白パンなどマリンスタイルのセクシーな服装を着用した日に着けると良いでしょう。。

またユナイテッドアローズは「クロムハーツ」の正規取扱店であることから、指にクロムハーツのリングをしている男性店員さんがとても多いです。そういった着こなしを参考にしてみるのもいかがでしょうか。

どうでしたか?

アクセサリーの着こなし方、大事なのはなによりやり過ぎないこと。大人の男性であれば、女性が「ムムっ!」と気になる点を一個だけ作っておくのが、お洒落の秘訣です!ぜひとも女性を注目させるようなアクセサリーの着こなしを目指してみてください!

コメントを残す